コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ブログ

生産工場・物流施設

CM会社の役割は様々です

先日、ある工場のオーナー様のところへ工場の移転新築についてのお話を伺いに行きました。

現在の工場は、別の用途で使用していた工場を改修して使用していましたが、業務量の拡大に伴い新工場の移転新築を検討しているとのことでした。
新工場の建設の主な目的は、

・新しい設備の導入による生産能力の向上
・商品の生産動線の効率化
・職場環境の改善

というものですが、実際に計画をはじめようと思っても、何から手を付けてよいのかわからない。

そして、設計者や建設会社の選定方法、建設費の妥当性の判断もわからない。加えて、設計者との打合せや建設会社の選定などの時間も取りにくいということでした。少人数で効率よく運営している工場では、新工場建設に専門の担当者を付けるような人材の余裕もなく、本当に要望通りの新工場が完成するのかも不安ということです。

そこでプラスPMでは、事業主様の代理として、この新工場建設を支援させていただくこととなりました。

最初に行うことは、新工場への要求事項の整理です。

前述した目的以外に、原材料の搬入から加工、出荷までの工程での要望、工場内環境への要望、事務部門の環境要望などの建設にかかわる事項、そしてスケジュールと事業予算などの経営にかかわる事項をヒアリングして整理することとしました。

そして、土地の選定も支援させていただくことになりました。

現時点で、移転先として数ヵ所の土地が候補となっているとのことでしたので、ヒアリングした要望を計画としてまとめながら、最適な土地の選定をすることになりました。

当初、事業主様の新工場のイメージは1階と2階が工場、3階に事務部門を配置する3階建てとのことでしたが、計画をまとめていると工場は1つのフロアにまとめた2階建ての方が効率的でした。3階建ての計画に比べると、1フロア当たりの面積が多く必要になりますので、土地面積は多く必要になります。ただし階段や廊下部分が削減できるので、建物の総面積は少なくなり建設費は少なくて済みますし、生産効率も向上します。そこで、3階建て案と2階建て案を土地の購入費、建設費、生産性をシミュレーションして、どちらが有効かを検証することとしました。

結果、2階建て案の方が長期的に収益の向上が見込めるということとなり、現在、基本構想として計画と建設予算、工程をまとめているところで、基本構想がまとまった時点で、設計施工者の選定を行い、実際の設計、工事に移行する予定となっています。

コンストラクション・マネジメントと聞くと、建設にかかわる部分の支援だけのように思えるかもしれませんが、今回のケースのように土地の選定支援や、事業計画として経営的な視点での判断の支援もおこなっています。建設事業は多くの投資を必要とするという短期的な経営目線だけではなく、その建物でどのような収益を上げていくかも左右することがありますので、非常に重要な判断となりますので、それだけ十分な検討が必要となるのです。

このように、建設を計画している際の経営的な判断の支援にもコンストラクション・マネジメントを活用してください。

ニュース・ブログMENU

プラスPMについてもっと詳しく知る

  • プラスPMの強み

    プラスPMの強み

    プラスPMのコントラクションマネジメント(CM)の特徴や、CMについてを解説しています。

  • 導入の流れ・費用

    導入の流れ・費用

    プラスPMのコンストラクションマネジメントの導入までの流れと、費用についてご覧いただけます。

  • 会社案内

    会社案内

    プラスPMの会社概要・アクセスや主要取引先、沿革やトップメッセージをご覧いただけます。

  • Q&A・最新情報

    Q&A・最新情報

    よくあるご質問や建設発注に関するコラム、資料ダウンロードなど、お役立ち情報をまとめています。

プラスPMへのお問い合わせ

当社コンサルタントによる初期ヒアリングは無料です。まずはお客様のご要望をおうかがいいたします。

電話

受付時間 平日9:00~17:00
(夏期休業および年末年始を除く)

当社サービスに関するお問い合わせ専用の番号となります

ページトップに戻る