コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ブログ

生産工場・物流施設

設計会社の選定を誤ると損をする

「建てたい建物は決まっている。こちらの要望通り設計してくれればいいので、設計者は知り合いのところに頼もう。」


「物流施設、生産工場、倉庫などは外側の建物だけ。マンションのような内装がないので設計は簡単。」


「設計者は、それなりの経験があれば大丈夫。」


このように考えていませんでしょうか?
それは大きな間違いです。

設計者の選定は、とても重要なのです。

何を基準に、どのように設計者を選ぶか、設計や建築の発注に慣れていない企業にとっては、これが難しいことなのです。


しかし、設計者の選び方を一歩間違えると、いろいろと問題が出てきます。


◆作業動線が非効率な設計をしてしまい、作業効率が落ちてしまった。


◆扱う商品の特性や目的用途を十分に理解していなかったため、運用開始直後に不具合が生じた。


◆要望をそのまま設計に反映させてしまい、予算が大幅にオーバーしてしまった。


◆予算に合わせるように変更したことで、必要な性能を確保できなくなってしまった。


このような経験に心当たりがある方も多いのではないでしょうか。


以前、当社に相談があった事例を紹介します。


ある企業が工場の新築を計画されていました。
数社の設計会社へ設計提案と建設費の提示を依頼しましたが、設計条件が明確になっていなかったため、各社から提案された内容に統一性が無く、当然建設費にも大きな差が出てしまいました。


設計内容は良いが建設費は高い、建設費は安いけれど設計内容には物足りなさを感じる、というものです。


各社から提案されたものを見ても比べようがなく、どのように決めていいのかわからないという状況に陥ってしまったのです。


この企業には、新築計画にあたっての要望事項を明確にした上で提案依頼をすることが必要だったのです。


しかし実際には、何を伝えればいいのか、どこまで決めてから依頼すればいいのかが、わからないものです。


さらに、提案されたものを見て、どのように比較や判断をすればいいのかも難しいものです。


建築内容に関する要望だけではなく、"目的や事業計画"、"スケジュール"、"想定事業費用"なども伝えると、より提案内容が充実するでしょう。


また、依頼条件を要綱としてまとめるのと同時に、評価方法も決めておくと、何を重要視しているかも再認識でき、依頼内容と評価方法の一貫性が出てより明確になることでしょう。


設計者は事業パートナーとなる重要な役割を担います。
建物のハード面やデザインだけで設計者を決めるのではなく、事業計画に対する思いを共有できるか、なども考えて選定は慎重に行うことが必要です。


重要なのは、設計者に要望を「的確に伝え」ること、そして、事業パートナーとして最適かを評価して、選定することです。

factory mailmaga.pngのサムネイル画像

ニュース・ブログMENU

プラスPMについてもっと詳しく知る

  • プラスPMの強み

    プラスPMの強み

    プラスPMのコントラクションマネジメント(CM)の特徴や、CMについてを解説しています。

  • 導入の流れ・費用

    導入の流れ・費用

    プラスPMのコンストラクションマネジメントの導入までの流れと、費用についてご覧いただけます。

  • 会社案内

    会社案内

    プラスPMの会社概要・アクセスや主要取引先、沿革やトップメッセージをご覧いただけます。

  • Q&A・最新情報

    Q&A・最新情報

    よくあるご質問や建設発注に関するコラム、資料ダウンロードなど、お役立ち情報をまとめています。

プラスPMへのお問い合わせ

当社コンサルタントによる初期ヒアリングは無料です。まずはお客様のご要望をおうかがいいたします。

電話

受付時間 平日9:00~17:00
(夏期休業および年末年始を除く)

当社サービスに関するお問い合わせ専用の番号となります

ページトップに戻る