コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ブログ

生産工場・物流施設

設計者の評価

前回は設計者選定の重要性について書かせていただきましたが、今回は選定する際の評価についてお伝えさせていただきます。

設計者の選定方法として一般的におこなわれている方法としては、コンペ、プロポーザル、入札などがあります。
それぞれの選定方法には特徴があり、「この方法がベスト」という答えはありません。

更に、設計内容を評価するのか、会社組織を評価するのか、または価格を評価するのかなど、"発注者として何を重視するのか"によっても、評価方法が変わってきます。

多くの場合は、評価項目として、
◆職員数や有資格者、財務内容など・・・会社の評価
◆同類物件の実績数や内容など・・・設計実績の評価
◆見積金額など・・・価格の評価

などを提示していただくことが多いのですが、実は以上のことだけでは足りない項目があります。

それは、実際の担当者や担当チームの編成がどのようになっているかということです。

その会社自体の実績がどれほど優秀で、バックアップ体制がしっかりしていても、 担当者の能力不足が原因で、発注者側が大変な思いをすることがあります。
常に打合せをおこなう担当者が頼りなければ、いい仕事は期待できないでしょう。

以上を考慮しまして、設計者選定にあたっては担当予定者の経歴を評価することや、 可能であれば、担当予定者との面談などを実施すると良いでしょう。
それにより、対象物件への取組み意欲や、業務の理解度も確認することが出来ますし、何よりその担当者のコミュニケーション力や人物評価もできます。

設計者は、発注者の事業に対する思いや考え方を理解し、それを具現化する"パートナー"ですので、人間的に信頼できる人物が担当者であることが望ましく、何より重要視するべき要素であると言っても過言ではないと思います。

ニュース・ブログMENU

プラスPMについてもっと詳しく知る

  • プラスPMの強み

    プラスPMの強み

    プラスPMのコントラクションマネジメント(CM)の特徴や、CMについてを解説しています。

  • 導入の流れ・費用

    導入の流れ・費用

    プラスPMのコンストラクションマネジメントの導入までの流れと、費用についてご覧いただけます。

  • 会社案内

    会社案内

    プラスPMの会社概要・アクセスや主要取引先、沿革やトップメッセージをご覧いただけます。

  • Q&A・最新情報

    Q&A・最新情報

    よくあるご質問や建設発注に関するコラム、資料ダウンロードなど、お役立ち情報をまとめています。

プラスPMへのお問い合わせ

当社コンサルタントによる初期ヒアリングは無料です。まずはお客様のご要望をおうかがいいたします。

電話

受付時間 平日9:00~17:00
(夏期休業および年末年始を除く)

当社サービスに関するお問い合わせ専用の番号となります

ページトップに戻る