コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ニュース

ニュース

岐阜県立多治見病院が開院しました

地方独立行政法人岐阜県立多治見病院様(以下、多治見病院)が2024年1月に竣工、同年4月に無事開院を迎えました。

多治見病院は、岐阜県東濃医療圏における基幹病院として救急・急性期医療、災害医療、周産期医療および医療連携などの拠点機能を担うとともに、がんなどの重大な疾患をはじめ、ほぼすべての疾患に対応しています。

多治見病院の中央診療棟は築後30年以上経過し、老朽化、狭隘化が著しく、外来診療、高度急性期医療、周産期医療、災害医療等において十分な役割・機能の発揮が困難なことなど様々な課題が生じていました。

それらの改善を図るために中央診療棟を次の4つの基本的な考え方に基づき現地建て替えを計画したもので、2017年の基本設計開始から、約7年間の事業となります。

  1. 高度先進的な医療機能の拡充
  2. 診療機能の効率性・安全性の向上
  3. 患者サービス・利便性・プライバシーの向上
  4. 防災・浸水対策の強化

当社は実施設計終了段階から本計画に参画し、計画の一部見直し、コスト抑制策の立案や発注方式の提案など、病院CMの経験を活かした技術的な側面から支援しました。それに加え、施工段階では設計変更に伴うコストの確認などについてアドバイザリーを実施したことで、多治見病院が許容できる範囲の予算およびスケジュールでの竣工を実現できました。

プラスPMは今後も、豊富な経験と実績を活かし、日本全国の病院建設プロジェクトを支援して参ります。

tajimi.jpg

施設概要

名 称 地方独立行政法人 岐阜県立多治見病院 中央診療棟
所在地 岐阜県多治見市
規 模 地上5階、塔屋2階、ヘリポート(防災ヘリコプターが発着可能)
構 造 鉄骨造、免震構造
延床面積 23,893.78㎡
病床数 105床(うち、救命救急センター20床、NICU9床、GCU11床)
竣 工 2024年1月

関連記事

ニュース・ブログMENU

プラスPMについてもっと詳しく知る

  • プラスPMの強み

    プラスPMの強み

    プラスPMのコントラクションマネジメント(CM)の特徴や、CMについてを解説しています。

  • 導入の流れ・費用

    導入の流れ・費用

    プラスPMのコンストラクションマネジメントの導入までの流れと、費用についてご覧いただけます。

  • 会社案内

    会社案内

    プラスPMの会社概要・アクセスや主要取引先、沿革やトップメッセージをご覧いただけます。

  • Q&A・最新情報

    Q&A・最新情報

    よくあるご質問や建設発注に関するコラム、資料ダウンロードなど、お役立ち情報をまとめています。

プラスPMへのお問い合わせ

当社コンサルタントによる初期ヒアリングは無料です。まずはお客様のご要望をおうかがいいたします。

電話

受付時間 平日9:00~17:00
(夏期休業および年末年始を除く)

当社サービスに関するお問い合わせ専用の番号となります

ページトップに戻る