コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ブログ

生産工場・物流施設

コストダウンに建設会社を参加させる

建設費は相変わらず高い水準で推移しています。
このような環境下で、どのようにして建設費をコントロールするか、建設を発注する皆様も頭を悩ませていることと思います。

プラスPMでも、建物の用途や規模、発注者様の要望などにより、様々な手法を用いて建設費をコントロールすることで、発注者様を支援させていただいております。

建設事業は、設計図をもとに建物を建てていくわけですが、その設計図の作成プロセスに工夫を入れます。

発注者が意図する建物を建てるには、その意図を設計図として完成させることが必要なのですが、設計者があまりにも細かく設計図を作成してしまうと、建設費を見積もる建設会社の担当者も


「もっと安くて良い材料があるのに...」

「この工事のやり方ってひと昔前で、今は別の工事方法の方が性能もいいのに...」

と思いながらも、自社が持つ技術力を生かす場面がありません。

そこで、発注者の意図を伝えながらも、建設会社の持つ技術力を提案できる環境をつくる入札方法を導入します。

見積りを依頼する設計図には、すべてを事細かく書き込むのではなく、要求する性能や仕様を書くに留め、具体的な材料や工法などは建設会社の提案、裁量に任せるという手法です。

これにより建設会社が、

「自社の持つ技術力を提案したい。」

「工夫をして安く入札しよう。」

という意識になっていただき、その結果建設コストの削減につながります。

このように、建設会社にコスト削減の提案を含めて入札してもらうという方法は、建設資材や人件費などの建設物価が上昇する局面では、非常に有効です。

ここで重要なことは、この手法では、数社の建設会社から違った提案、費用が提示されることになりますので、どの提案が最良なのかを判断しなくてはならなく、間違った判断をしてしまうと発注者が損をしてしまうことにもなります。

ですので、このように建設会社の提案を受ける手法を用いる場合、発注者側にその「提案の良し悪しを見分ける力」が必要になります。

どの範囲まで提案を受け入れるのか、その基準をしっかり準備しておかなくてはいけませんが、設計者の技術力やノウハウだけに頼って設計を進めることに比べると、コストダウンの効果は期待できます。

今回の手法は、ひとつの例ですが、このように入札方法を変えることで効果を生もうとするのであれば、入念な準備と管理といった入札をマネジメントする力が必要になります。


実際に弊社でも、この手法での入札を実践しており、確実に効果をお客様に還元しております。
詳しくお知りになりたい方は、お気軽にプラスPMまでご相談くださいませ。

ニュース・ブログMENU

プラスPMについてもっと詳しく知る

  • プラスPMの強み

    プラスPMの強み

    プラスPMのコントラクションマネジメント(CM)の特徴や、CMについてを解説しています。

  • 導入の流れ・費用

    導入の流れ・費用

    プラスPMのコンストラクションマネジメントの導入までの流れと、費用についてご覧いただけます。

  • 会社案内

    会社案内

    プラスPMの会社概要・アクセスや主要取引先、沿革やトップメッセージをご覧いただけます。

  • Q&A・最新情報

    Q&A・最新情報

    よくあるご質問や建設発注に関するコラム、資料ダウンロードなど、お役立ち情報をまとめています。

プラスPMへのお問い合わせ

当社コンサルタントによる初期ヒアリングは無料です。まずはお客様のご要望をおうかがいいたします。

ページトップに戻る