コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ブログ

病院建設

病院建設・建替をコンサルタントに相談する3つのメリット。建設特化のコンサルタントとは?

病院の建設・建替時には、医療や建設に関するコンサルタントに相談するケースも増えてきています。コンサルタントには、医療経営や建設に特化したコンサルタントが多数存在します。病院建設は特に専門性も高いため、コンサルタントに相談することで、病院スタッフの負担軽減にも繋がります。

施設の建替えや新築など、建設事業にはさまざまな会社が関係し、多くの調整が必要となります。この記事では、病院の建設事業において、どういったコンサルタントを選ぶべきなのかや、建設に特化したコンサルタントに依頼した場合のメリットを、病院建設のプロが解説しています。

※2019.8.11改訂(2014.9.30公開)

病院建設事業を相談するときのコンサルタントの種類

病院の建設や大規模なリニューアルの際には、定常的な病院運営や小規模の修繕工事などとは比較できない量の情報や物量を扱うため、院内スタッフのみで対応するのは難しいです。そこで、病院建設事業における相談先として主に2種類のコンサルタントが挙げられます。

医療に特化したコンサルタント

医業経営コンサルタントという資格を持ち、医療・介護・福祉に関わる企業や団体の課題解決を支援するコンサルタントです。病院の経営に関する環境分析や将来計画、収支シミュレーションの支援など、医療経営を影で支える役割を担っています。総合医療コンサルタント会社や、経営コンサルタント会社の医療セクターなどが候補として挙げられます。

建設に特化したコンサルタント(コンストラクションマネジメント)

建築業界ではCM(コンストラクションマネジメント)と呼ばれています。医療関係の方にとってはあまり馴染みが無いかもしれませんが、経営者が直接相談できる建設特化型のコンサルタントです。

改修や新築など、建物を建てることに関する専門家であるため、病院建設事業に活用することで多くのメリットを受けられます。こうしたコンサルタント会社の中には、病院運営についてや経営者の目線で相談に乗ることができる会社もあるので安心です。

医療経営コンサルタントはすでに医療業界では広く知られているため、この記事では建設に特化したコンサルタントに焦点をあて、相談することで受けられるメリットやコンサルタントを選ぶ際の注意点をまとめています。

建設に特化したコンサルタントに依頼する3つのメリット

建設に特化したコンサルタントに病院の建設事業を依頼したときに受けられるメリットは3つあります。

専門家に任せることでスタッフの負担軽減

コスト管理やゼネコン選定など、建設事業には専門的な知識が必要な場面が多く、直接病院スタッフをそこに割くのは時間も含め多くのコストがかかります。専門家である建設コンサルタントに任せることで、知識を新たに獲得する必要はなく、自分たちの分かる言葉で進行の確認もできるため、負担軽減につながります。

建設事業のトータルサポート

建設に特化したコンサルタント(コンストラクションマネジメント)は、建替え前の基本構想策定から、設計・施工者選定、医療機器選定、運営開始までのスケジュール管理までトータルでサポートします。

総事業費・建設コスト削減

多くの建設プロジェクトを通じて得たコストダウンのノウハウを活用し、基本計画段階からの見直しや、最適な発注方式の検討・提案など、専門家としての知見を活かしたコスト削減を実現します。

建設に特化したコンサルタントの選び方

コンサルタントに依頼した場合、上記のようなメリットがありますが、建設に特化したコンサルタント自体も複数存在しているため、どういった会社を選ぶかも重要になってきます。

建設に特化したコンサルタント(コンストラクションマネジメント)はどこも同じではなく、施設の用途によっても得意不得意があります。

病院建設は新築よりも建替えのケースが多く、既存の施設を営業しながら建設事業を進行するなど、複数の制約の中で進めていかなくてはならないため高い専門性が必要となります。そういった背景から、病院建設に特化した建設コンサルタントを選ぶことが大切です。

建設に特化したコンサルタントが病院建設で具体的にできること

病院建設においてコンサルタントができることは何か、具体的には以下のようなことが例として挙げられます。

  • 医療経営コンサルタントと協業し、マーケット調査・内部環境調査結果を元にした診療機能や病院規模等を検討
  • プロジェクトが長期に及ぶため、消費増税・診療報酬改定・補助金などを踏まえた基本構想策定をサポート
  • 設計図への医療機器情報伝達を正確に行うことで、情報落ちによる追加コストを抑制
  • 医療環境の向上や医療経営の視点で仕様を見直し、コストを削減
  • 設計施工一括発注方式、分離発注方式など、プロジェクトの期間や状況次第で発注方式を選定・提案
  • 病院が24時間365日稼働している中、安全性や病院運営に配慮した上で工事をマネジメント

特に病院建設は、数多くの利害関係者が絡む複雑なプロジェクトであるため、発注者である病院のみなさまが安心して任せられる建設に特化したコンサルタントがおすすめです。

病院建設・建替えの際には建設に特化したコンサルタントへの相談をおすすめします

病院事業における相談先は複数ありますが、施設の建替えや新築など病院建設事業においては、建設に特化したコンサルタントが頼れるパートナーとなり得ます。

病院建設におけるコンサルタント活用のポイントは、下記の通りです。

  • 病院建設事業の相談先は、医療に特化したコンサルタントと建設に特化したコンサルタント(コンストラクションマネジメント)がある
  • 建設に特化したコンサルタントに依頼することで、病院スタッフの負担軽減・トータルサポート・コスト削減などのメリットが受けられる
  • 建設に特化したコンサルタントの中でも、病院建設に強みを持つ会社を選ぶことが重要

プラスPMはコンストラクションマネジメント会社の中で、特に病院建設に強みを持っています。これまでも多くの病院施設のプロジェクトに参画してきました。病院建設・建替えでお悩みの方は、プラスPMに一度ご相談ください。


病院建設・建替え関連の実績紹介


プラスPMではご支援させていただいている案件の最新情報や、医療関連情報コラムを中心とした無料広報誌『たす通信(医療・福祉版)』を季刊発行しております。また、毎月1度 第一月曜日には診療報酬、増改築に係る法規制、建設事業に関わるポイントなど様々な〈病院建設〉にまつわるコラムを無料メルマガとして配信しております。
簡単入力でお申込みいただけますので、この機会にどうぞお申込ください!

ニュース・ブログMENU

ページトップに戻る