コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ブログ

生産工場・物流施設

敷地内での建替え

「既存の工場が老朽化して建替えをしたいが、十分な敷地が無い」よくある悩みかと思います。


また、生産工場や倉庫の場合、複数の工場や倉庫が敷地内に点在し生産工程や機能が分断されているため効率が悪くなっているということもよくあります。
これは、機能として工場や倉庫が手狭になった度に、増築を繰り返してしまったため、量は賄えるように設えたが、使い始めると効率が悪かったということです。

このようなケースで、工場や倉庫の再構築をどう考えるか。


当社に相談のあった例です。

現在の工場は、別の用途で使用していた工場を購入し改修して稼働を始めたが、倉庫スペースが手狭になり、別棟で倉庫を増築して稼働させていた。
この度、生産量の拡大に伴い新たな生産ラインを構築するにあたり建て替えを計画したいというものです。
ただし、注文は継続して受けているので、稼働させながらの再構築をしたいという要望です。

新工場を建てるだけの空き地はなく、1回の工事だけでは要望する工場の建設は無理です。

そこで、プラスPMで考えた案は、3段階の工事工程です。

第一ステップは、 『新工場の一部を建てるための敷地を作る』
・別棟の倉庫を解体し、駐車場としていた土地と一体の空地を作る
・駐車場は工事期間中は敷地外に借りる

第二ステップは、 『新工場の一部を建設、仮設の倉庫を建設』
・第一ステップで作った空地に新棟の一部を建設
・新棟の残りを建てる土地に建つ倉庫を仮設の倉庫を建て、移動させる

第三ステップは、 『倉庫棟を解体して、新棟の残りを建設』
・倉庫棟を解体して、新棟の残りを建設
・第二ステップで建設した新棟とつないで、新工場が完成
・工場機能の移転後に、既存工場を解体して駐車場を整備


一回の建設で建てるよりも、工程は長くなり、建設にかかる事業費も大きくなりますが、限られた条件の中で検討を重ね、要望に近く、なおかつ事業費も極力抑え、より短工程で新棟での稼働を始められる計画を検討した結果、このようなステップを踏むこととしました。

建設事業を行う際には、敷地や環境などが理想的な条件となることは、ごく稀です。

与えられた条件の中で、最適な解を発注者様と共に考えるのも、私共コンストラクション・マネジメント(CM)会社の役割です。

詳しくお知りになりたい方は、お気軽に当社までご相談くださいませ。

Inquiry_factory.png

ニュース・ブログMENU

プラスPMについてもっと詳しく知る

  • プラスPMの強み

    プラスPMの強み

    プラスPMのコントラクションマネジメント(CM)の特徴や、CMについてを解説しています。

  • 導入の流れ・費用

    導入の流れ・費用

    プラスPMのコンストラクションマネジメントの導入までの流れと、費用についてご覧いただけます。

  • 会社案内

    会社案内

    プラスPMの会社概要・アクセスや主要取引先、沿革やトップメッセージをご覧いただけます。

  • Q&A・最新情報

    Q&A・最新情報

    よくあるご質問や建設発注に関するコラム、資料ダウンロードなど、お役立ち情報をまとめています。

プラスPMへのお問い合わせ

当社コンサルタントによる初期ヒアリングは無料です。まずはお客様のご要望をおうかがいいたします。

ページトップに戻る