コンストラクション・マネジメント 株式会社プラスPM

ブログ

生産工場・物流施設

平成27年度の省エネ改修に対する準備

以前に、省エネの取組みに対して補助金が出ますという案内をさせていただきました。
各省庁から平成27年度の省エネ事業に関する補助金の概算要求が出ております。

国土交通省の環境ストック活用推進事業は平成26年度予算176.0億円に対して206.9億円、経済産業省のエネルギー合理化支援は平成26年度予算410.0億円に対して750.0億円、同じく経済産業省の住宅ビルの省エネ技術導入促進事業は平成26年度予算76.0億円に対して150.0億円となっています。

各事業とも今年度予算を上回る額で概算要求が出されており、少なくとも今年度並みの予算は見込めそうです。

これら補助金事業のスケジュールは例年、5~6月には応募の締め切りというもので、早いものでは4月に公募概要が発表され、5月中には事業登録の締め切りという事業もありますので、補助金事業に応募するためには、1月ごろから準備を始める必要があります。

最初に現状を分析して、省エネ化が可能かを検討します。この検討に1ヶ月程度。
次に具体的な改修計画を検討し、その費用と効果を検証するのに2ヶ月程度。
1月から初めて3月末には計画内容を概ね決めて公募概要の発表を待つというスケジュールになります。

実際には、工事時期の調整や資金準備として金融機関との交渉など他にも決めておくべきことが多くありますので、遅くとも1月中には準備を開始する必要があります。

補助金事業には様々な種類があり、自社施設に合った事業を選択すること、そして採択されるための傾向を知り、対策を練る必要もありますので、十分な準備期間を持って計画することが重要です。

水光熱費などの運営費用の軽減や古くなった設備機器の更新を検討されている方は、是非このタイミングに補助金事業への応募を検討してみてはいかがでしょうか。

補助金事業の内容や準備に関することなど、詳しくお知りになりたい方は、お気軽にプラスPMまでお問い合わせください。

ニュース・ブログMENU

プラスPMについてもっと詳しく知る

  • プラスPMの強み

    プラスPMの強み

    プラスPMのコントラクションマネジメント(CM)の特徴や、CMについてを解説しています。

  • 導入の流れ・費用

    導入の流れ・費用

    プラスPMのコンストラクションマネジメントの導入までの流れと、費用についてご覧いただけます。

  • 会社案内

    会社案内

    プラスPMの会社概要・アクセスや主要取引先、沿革やトップメッセージをご覧いただけます。

  • Q&A・最新情報

    Q&A・最新情報

    よくあるご質問や建設発注に関するコラム、資料ダウンロードなど、お役立ち情報をまとめています。

プラスPMへのお問い合わせ

当社コンサルタントによる初期ヒアリングは無料です。まずはお客様のご要望をおうかがいいたします。

電話

受付時間 平日9:00~17:00
(夏期休業および年末年始を除く)

当社サービスに関するお問い合わせ専用の番号となります

ページトップに戻る